2019年6月

やっとの想いでこぎつけた、親父のMRIの結果は

やはり文才もなくマメでもないとブログは大変ですね。あまり長文を書こうと考え過ぎず、肩の力を抜いてやっていこうと思います。 さて、丸々と太ったぼくの脳への不安、といういかにもそれっぽい理由をつけて、親父をなんとか病院へ連れていくことに成功したぼくとお袋。親父と2人、人生初のMRIに臨みました。 思わぬ形でぼくまでMRIを撮ることになりましたが、狭い中でものすごい音がしますよね。閉所恐怖症の人はつらい […]

親父のアルツハイマーに向き合うための準備を開始

東京に来た親父と2時間ほど一緒に過ごした中で、同じことを5回ほど繰り返し質問され一気に不安になったぼく。 考えすぎかもしれないし、違っていてほしいと強く願いながらも、お酒も入っていない日中の出来事として実際に目の当たりにしてしまうと、やはり認知症なんだろうなという絶望感に襲われました。 その後、お袋や妹に最近の親父の様子を確認したり、妹の親友の看護師さんに認知症について相談したり、自分でもネットで […]

ぼくにとっての親父のアルツハイマーはじまりの日

「なにごとも気にしない」が口ぐせの親父が、アルツハイマーになりました。 そんな親父とぼくと家族の7年前から今に至るまでを、備忘録としてこのブログに残そうと始めてみました。文才ないのでいろいろ大目に見てもらえるとありがたいです。 さて、みなさんの身近なところでアルツハイマーを患っておられる方はいらっしゃるでしょうか?ぼくの周りでは、祖母の晩年に認知症の症状が見られたり、親父の姉がアルツハイマーで闘病 […]